ダイアモンドは人をみがく石のプロ!?


ダイアモンドは人をみがく石のプロ!?

人間は、人の間で磨かれて一人前になるから人と間と書く! という説があります。

 それを聞いた時、ガーネットをはじめ、原石類が宝石中最硬度のダイアモンド粒の中でころがって磨かれ、宝石になっていくのを思い出しました。

 宝石の中で一番高価で硬いダイアモンドの粒々の中を、ゴロゴロころがっているただの鉱石がだんだん輝いてきて、やがてキラキラした宝石になっていく様はほんとうにみごとです。感動してしまいます。

 ちょうどその頃、人を指導することって何だろうか? って考えていたから、その工程をみて答えがちょっと分かったようで、よけい感動したのかもしれません。

 ただ、宝石の場合はダイアモンドがいつも一方的に、他の原石を磨いて宝石にしているのだけれど、人間はそうばかりではありません。

生徒がダイアモンドで先生が原石の場合もあれば、その逆に、先生がダイアモンドで生徒が原石っていう場合もあります。

 まあ、どちらにしても石が石を磨き、人が人を磨くということは同じ。でも、石を磨くダイアモンドが全然へらないんです。だからダイアモンドは永遠と言われているのですね。

 私もずーっとへらないダイアモンドの心が欲しいと思っています。

へらない口だけではなくってね?

■ランキング参加中■
↓クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ