【美粧法】江戸メソッドとは? ③

PVアクセスランキング にほんブログ村

「シグナルを送る」タッピングの重要性

肌は自身の力で内側から皮脂で潤わす、いわばセルフエステする外皮器官と
いえますが、それは皮膚にランゲルハンス細胞(熱い・冷たい・痛い等の情
報を脳に伝達する細胞)が点在していることにも関連しています。

肌が熱さや冷たさ痛さを感じるのはそのためです。
呼吸や吸収・排せつもすべて脳シグナルによります。

水を使い、肌表面をやさしくタッピングする水化粧法は、
内側からの皮脂をひき出し、汚れを浮き上がらせることができたのでしょう。

栄養素を飲むことと、
自分自身の指で肌をタップするようにタッピングすることは、
脳を刺激し情報伝達細胞同調に役立つのです。

つまり肌のセルフエステ機能を高めることにつながります。

KiKiK江戸メソッド

「皮脂を取り過ぎない」
「水分補給を十分にする」
「食べ物で美肌を創る」
「人の体内脂に最も近いオイルを足す」
「シグナルを送って機能を高める」

これら美粧法の知恵を基に、「KiKiK 江戸メソッド」は誕生しました。

■ランキング参加中■
↓クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
Advertisements