ハイクォリティはプロの道


ハイクォリティはプロの道

「立つより返事よ京子チャン。」

 小さな頃言われ続けていた私は「ハイッ」とお返事いい子ですの見本みたいでした。

 テレビCMの、

 「リボンちゃ~ん、リボンジュースよ」

 「なあ~にぃ?」

 「リボンジュースよ! リボンジュース」

 「あぁリボン」

 

―――に「なぁ~にぃ?」ってお返事じゃないから「ハイッ!」って言わなくちゃいけませんと、文句をつけたかったのです。

 そして、この立つよりお返事ができて、どれほど得してきた事か。ドジした時も、「悪いと思っているか!」「ハイッ」元気よく答えたため、しかられなかったり。授業中も「ハイッ」って手をしっかり上げるので発表力が10だったりしました。でも、実は自信あり気に「ハイッ!」って手を上げているから、一度もさされたことなかったのです。

―――よかった―――。

 後年、なんだか理不尽だなぁと思っても、ハイと返事をしなければならない立場だった時、

 「ハイッ」(クォリティ)。

 「ハイッ」(クォリティ)。

ハイッは元気よく発音(―――)の中のクォリティはハイに続けて心の中でつぶやいていました。ハイと返事できる自分はハイクオリティ―高品質―の人間になれるって思いながら・・・。

 この話をある青年にしたら、3か月ぶりに会った時、こんな話をしてくれました。

 「センセイ、先日はありがとうございました。自分は何もとりえもない人間なので、教わったあのハイクオリティをやろうと決めたんです。それで会社の中でやり始めたら、先日、上司によばれて、君は人の話をよく聞けるからと、今回の人事異動ですごくいい所へ! 大抜擢でした!」

 つまり、ハイ(クォリティ)というひと言が言いたいので、どこでいったらいいかタイミングをはかっていたら、相手の話をよく聞いていないとハイ(クォリティ)が使えない。で、それが素晴らしい結果につながった訳です。

 この話がすごく嬉しいのは、彼がハイクォリティな人に、自分で変身したということです。もちろん仕事のプロとしてもね。

 

 「ハイッ!」

 あなたも今日からハイクォリティな人をめざしてみましょうね。

■ランキング参加中■
↓クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ