親のプロになってよね!(2/2)


親のプロになってよね!(2/2)

「私が一緒に街に立って、カンパでも何でも、道行く人に頼んであげるから。夜中に、道路工事の旗振りアルバイトをしてでも、この子を助けよう!恥ずかしいなんていってられない。今、病院の費用や栄養素や学費が必要なら、親たるもの、人間の先輩たるもの、生命がけでお金をつくるべきだと思わない?それが親のプロでしょ!!親だけはアマチュアじゃ許されないのよっ!」

 そう叫んでしまいました。

 だって、生命の前に、仕様がないはないはずなんだから。

 何回も死のうとした私は、そういう仕様を思いつくのが上手くなったんですから!

 「そうですよね、京子センセイが、仕様がないお金がないから仕様がないって思ったら、この栄養素はできなかったし、ミッタロさんも生きてこられなかったんですよね。うちの子も、病院では治らないといわれたので、あきらめても、もともとって考えが、どこかにあったのかもしれません。もう一度、よく相談してきます!」

 (馬鹿っ! この期におよんで相談するとはなにごとですか!)

 そう思ったけれど、声に出しては、

「今すぐスタートした方がいいと思うのよ。体力がまだあるうちに栄養入れなきゃ、戦う力、取り戻せなくなる。いい? 病気を治す、魔法の薬なんてこの世にないのよっ! 周囲の愛情が、本人の治る力を引き出すようにパイロットするんだから―――遅くならないうちにこれを持っていって飲ませてみたら・・・」

 気が付くと栄養素をわたしていた。

 (あーあっ、またやっちゃった!)

 でも、後日、

 「病院でびっくりされる程、良い方向に向かっています。あの日、家に帰ってから、センセイの夜中のアルバイトと街角カンパの話をしたんです。先生が乗り移ったみたいにきっぱり宣言したら、その日以来、主人はタバコもお酒もやめてくれたし、自分のことしか考えていないと思っていた上の子も、夜間の学校に移ってアルバイトするからって言いだして・・・。おばあちゃんも年金のうちから、カンパさせて貰うなんて・・・。とにかく、家中、すごくよくなってしまって・・・。センセイ、天はあるんですね。センセイ・・・、ありがとうございます!」

―――そんな電話があったのです。ありがとうと言われた私は、そのカゲで支えてくれるみんなの顔を思わず思い浮かべました。

―――とりわけいつも火の車の台所をあずかっている事務方のこと―――

 ごめんなさい、まだ当分苦労を続けさせそうです。

 でも、 こんなハッピーエンドは大好き!

 もちろん、その御家族にとってはスタートしたばかりなのだけれど、きっとうまくいくはずです!

 みんなで家族のプロをめざしてねっ!

■ランキング参加中■
↓クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ