今、死んでしまいたいあなたへ 死様がない私からのメッセージ(1/3)

PVアクセスランキング にほんブログ村

今、死んでしまいたいあなたへ 死様がない私からのメッセージ(1/3)

 今、あなたが、とっても、辛くって、苦しくって生きていてもいいのかなと、悩んでいるのなら、ちょっと聞いてください。

 何をしても良くならない状態にいる時、身体が思うように動かない時、やればやる程美味くいかない時、

 「あーあ、きっともうダメだ」

 「次も、きっとだめだ」

 「いつになったら良い方に行けるのだろう」

 「いろいろやってみて、もう、方法ないもん」

 「いっそのこと、ひとおもいに、死んでしまいたい」

 ―――そう考えたって不思議じゃない。

 なんたって、私は、息子を殺そうとしたり、自分も毒を飲んでみたり、借金をひっかぶったりと、失敗のエキスパートだったのだもの。よく分かるのです。

 だって、ずっと元気ですくすく育っていくはずの息子が、身体が弱かった上に、いじめが原因で脳内出血を起こして、植物状態になって22年間も、寝たきり!

 しかも、母親の私の責任で!

 償いをするにも、何も手立てが無くて、毎日オムツを替え、ヨダレをふき、折れ曲がった骨だらけの身体をなでている時、無念の涙がつい出てしまうのです。

 その世話の真っ只中の時に介護していた両親は、92歳と94歳で亡くなり、32年間、自分が信じた人は、全然、そんな人じゃなかったのだと気がついてしまったり、人の借金を支払っていたりと、踏んだり蹴ったりでした。

 おまけに、実家の両親まで、年老いてきて、介護が必要になってきてしまって・・・。

 何で私が! 何で私ばっかり!? と考えたって無理ないと思いませんか?

 息子を殺して、私も毒を飲んだって仕方がないと感じません?

 仕様がない! 仕様がない! 仕様! が! ないっ!

 すべてから逃げ出したくなって、生まれて初めてひとりでホテルをとり、2年間勉強してきた毒薬学の中から、苦しまないで逝ける種類を注意深く、致死量を飲んだのです。

 こうするより仕様がなかったのですと、遺書を書いて。

 ところが、どういう訳か、4時間ほど眠った後、お腹がすごく痛くって目が覚めてしまいました。寝たまま逝けるはずだったのに、何がいけなかったのだろう?でも、どうせ死ぬのだから、このままじっとしていよう・・・。

 あーっ、ダメッ! もれちゃう! もし、このまま死んで、発見されたら・・・・・・!

 汚ったないものにまみれて・・・・・・(後日知ったのは、大方の服毒自殺者は、ドラマのように、きれいではなく、糞尿にまみれているんだそうです)。

 それに~、もう、がまんできな~いっ!

 目がしっかり開かずにフラフラしながら、トイレに行ったのだけど、その後、切れ目なしに、上を下への大騒ぎ!身も世もないほど苦しかった!

 以前、殺虫剤を飲んで、胃の洗浄をされて、死ぬより辛い思いをしていたから、勉強してこの方法をとったのに・・・・・・。もしかしたら、普段から養っていた共棲菌に救われたのかしら?

■ランキング参加中■
↓クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ