はじめの始めのミッタロのこと2


②生き返る時

「僕はまだ生きているんだ!

息をしているんだ!

きっと治るって知っているんだ!」

―ってミッタロが伝えているような反応をします。何日かに1回、それこそ時間にしたら何秒か何分か・・・・・・甦る時があります。それを見て、私もまた息がしっかりできるようになったり、ハードな生活をおくる次男も、再度、使命感をかきたてさせられています。

 脳の欠落の多いミッタロが―、

 自力で動けないミッタロが―、

 22年間も眠っているのに―、

 時々、

 「あきらめていないゾッ!」ってサインを出してくるのです。

 どんな脳足りんの私たちだって、切り取った脳ではないのです。

 「頑張れるよねっ」

 そう感じさせてもらえる時―――ミッタロの身体に電気がついたようになる時です。

 生き返る時、

 ほんのちょっとの時、

 やっぱり希望が湧いてくるのです!

 でも劣化は情け容赦なく進んでいます。残酷だけど現実なのです。彼の電気のつく瞬間がなくなる前に、せめて彼の代弁者になって、脳が全部そろっている人たちみんなに、

 死にたいだの、

 苦しいだの、

 やる気ないだの、

 信じられないだの、

 不幸だの、

 もうダメだの、

 言わないですむように、

 どうしたらいいかを伝えたいのです。

 脳の大事な四分の一近く切りとって、長く生きていられないと宣告をされてから22年、生き続けている姿の前では、どんな理屈も消えてしまうのです。

 ミッタロがこんな身体になる前に防げなかったのは、どんな理由があるとしても、母親である私の責任です。

 それを知ってるって、すごくむごいことなのです―――きれいごとではない、いつも逃げ出したい位辛いことなのです!

 だから、みんなにはぜったいそんな思いをさせたくない!

 ミッタロだって絶対そう言いたいのだと思う!

 何が無くたって、脳があればいいんじゃないか。

 あとは何とかなるようにすればいいじゃないか。

 そう言いたいのだと思う!

 時々、くじけそうになる情けないお母さんやみんなが心配で、ミッタロは自由に天国に行くこともできないで、時々、カツを入れるために生き返ってみせているのでしょうか。

■ランキング参加中■
↓クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ