第十八話『きょこちゃん、銀座へ行く』③

「こんな大人に愛った(あった)から」第十八話

きょこちゃんの「愛」たっぷりのストーリー。

白髪の紳士と商談をスタート

 (何分位たったのかしら?)

ちょっと待っていて、と言ったわりには、時間がだいぶん経ったように思えました。

(きっと、あんまり大きな宝石だもんで、お店のお金が足らないのかしら?)

「お待たせしてごめんなさいね。どうぞ、こちらにお入りください。」

明るい店内から通されたお部屋は薄暗く感じて、目が慣れるまで少しの間何もはっきり見えませんでした。

「どうぞ、こちらにいらっしゃい。」

部屋の奥の方から、落ち着いた男の人の呼びかけがありました。

「コンニチワ!」

(ドキッ、ドクッ、ドキッ、ドクッ、アタシの心臓の音、周りに聞こえないといいけど)

気がつくと、案内して下さった年配の女店員さんは、一礼をしてドアを閉めて出て行ってしまって、きょこちゃんは、黒い服を着た白髪の立派な紳士の前に、ひとりで立っているのでした。

「どうぞ、お座り下さい。」

「ハイッ!」

元気よくソファに座ると、フッカリしたクッションに、身体がスッポリ埋まって、足が宙に浮いてしまいました。

きょこちゃんはお顔が真っ赤になるのを感じながら、それでも威厳を保とうとして、必死に足を床に着けました。

「江東区から歩いて来たんだって?」

「ハイッ!」

「1人で来たの?」

「ハイッ!」

「この石を抱えて、1人で歩いてきたの?」

「ハイッ!」

この時、初めて、紳士ときょこちゃんの間にある黒いテーブルの上に、きょこちゃんのお宝―――石が置いてあるのがわかりました。

新聞の切りぬきも、一緒に置いてありました。(いよいよだわ、ドキドキ・・・)

「何時にお家を出てきたの?」

「えっ、ハイっ、7時ごろだったです。」ですは、言葉を丁寧にしたくって付け足しました。

「もうお昼を過ぎてるねぇ、おなか空いていないの?」

(おなかが空いてないかですって? アタシにおなかがあったなんて忘れてたもん。だって、もうすぐ、もうすぐすっごい大金持ちになっちゃうってこと知ってるのに、おなか空いたりなんてしないもん。)

「ハイッ、大丈夫です。」

「でも、これなら食べられるでしょ?」

知らない間に、さっきの若い方の店員さんが、お盆に氷の入った麦茶とショートケーキがのったお皿を2つずつ持って、後に控えていました。紳士の合図できょこちゃんの目の前のテーブルに、麦茶とショートケーキののったお皿が置かれました。

「さあ、どうぞ。」

「はいっ!」

(大事な商談【こういうの商談って言うんだって、本で読んで知ってる】前ですからノドなんて渇いてなくたって、紳士の気を損ねたくないもの、何でもいただきます。)

「ゴクッ」(あっ、この麦茶、お砂糖入ってる!!)

 ひと口飲んで、そう感じたとたん、きょこちゃんのノドの下の方から、急に渇きが押し寄せてきて、ゴクッゴクゴク、一気に麦茶を飲み干してしまいました。

「よかったらこっちのもおあがりなさい。私はさっきお昼をすませたばかりだから。それと、よかったら、ショートケーキを両方とも食べてね。」

■ランキング参加中■
↓クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ