第十七話『きょこちゃんと新婚旅行』①

「こんな大人に愛った(あった)から」第十七話

きょこちゃんの「愛」たっぷりのストーリー。

きょこちゃんの悩み

 「あーあ。何かいい方法ないかしら?」ため息と一緒に何回目かの寝返りをうちました。

いつもは、ベッドの足元で「ゴロゴロ」のどを鳴らしている猫のケニヤの重みを気持ちよく感じながら、寝ている時間です。ゴロ、ゴロ、ゴロ

「あーあ、猫っていいわねぇ。のん気で、なぁーんの苦労もないんですもん」

ゴロ、ゴロ、ゴロ。声に出して言ってみても、何のなぐさめにもなりません。

ちょっぴり、ケニヤがうらやましく思えました。

 ケニヤは以前よっちゃんが病気の時に身代わりで死んだ、黒猫のケニヤとそっくりなので同じ名前をつけました。2番目に来たケニヤなので第二ケニヤと呼んでいます。

 きょこちゃんの生きてきた11年の人生の中でも、今回ばかりはどうしたらいいのか・・・・・・見当もつかないのです。

 「あーあ」 ゴロ、ゴロ、ゴロ・・・・・・声が重なります。

 (どうしても、おばあちゃんたちを行かせなきゃ。そうよ!「どうしても!!」)

最後の「どうしても」は、思わず声に出して言ってしまいました。

ゴロ、ゴロ、ゴロ・・・・・・

「人がこんなに悩んでいるのに気楽ねぇ。」

かたい決心

 絶対眠れないと思っていたのに目が覚めたらもう朝。けれども、鏡に映った歯磨きを歯磨きをするお顔には、自分が何をするべきかが、はっきりわかった決意が表れていました。

 その日は、特にゆっくり時間がかかりながら、学校の授業が進みました。いつもと変わりなかったのですが、放課後に目的を持っているきょこちゃんにとっては、そう感じられたのです。先生にとっても、質問をあびせかけて、時間を食うきょこちゃんがおとなしかったので、いつもよりずっと授業時間が長いように思えました。

 キンコーン、カンコーン。授業終了の鐘。同時にきょこちゃんの姿は、教室から消えていました。

「ねぇ、おばちゃん。おばちゃんのお店、猫の手も借りたいほど忙しいって、ほんと?」

「ほんとだよ!!」

「うちのケニヤは、働かないと思うけど、みんなはワタシのこと、猫よりマシって言っているの。」

「それで・・・」

お肉屋さんの奥さんは、お店の裏側で忙しそうにジャガイモの皮をむいていました。

「あのぅ、だから・・・おばちゃんのお店は、猫の手も借りたいんでしょ?

でも家のケニヤは働かないから、猫よりマシなわたしのこと働かせて下さい!」

「えっ!!」

 奥さんはせっせと動かしていた手を止めて、はじめてきょこちゃんのお顔を見ました。

「小学生を働かすことはできないんだけどね。でも、どうして働きたいの?」初めの言葉で、きょこちゃんの表情が曇ったのを見た奥さんは、慌てたように聞いてくれました。

そこで、きょこちゃんは「どうしても!!」と決心した経緯を話しはじめました。

■ランキング参加中■
↓クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ