第十一話『きょこちゃんとシンデレラのお鍋』⑥

「こんな大人に愛った(あった)から」第十一話

きょこちゃんの「愛」たっぷりのストーリー。

ヨウちゃんとヤッチャンに会ったの

この頃は、おやつにもう2人、参加する子が増えていました。

ヨウちゃんとヤッチャンです。

ヨウちゃんのお母さんは、夜のお仕事なので、ヨウちゃんは学校から帰ると、弟のヤッチャンをおぶったり、抱いたりして遊びに来ています。

あと3ヶ月で1才になるヤッチャンは、左手にいつも布の手袋をしています。初めてヨウちゃんとヤッチャンに出会ったのは、フサ子ちゃんがお父さんと過ごしている日でした。

お菓子屋さんの前でヨウちゃんとヤッチャンは、

「なんだヨ!! その手。」

「気味ワリィ!!」

―――おぶったヤッチャンの手袋を外されて、ヒーちゃん達5人の子供にからかわれていました。見ると、やっちゃんの左手は、ちょっと普通とはちがいます。指が―――無い!!(指が生えてない!!)ヤッチャンの手は、手のひらにちょっと出っぱりがあるだけの、可愛い小っちゃな手だったのです。そばにいた近所のおばさんが、

「あら、まっ、かわいそうにねぇ。一方の手は何ともないのにね。足はどうなの?」

「あっ・・・」
とヨウちゃんが言う間もなく、ヤッチャンの靴下を脱がせていました。

「わぁーっ!!」

「あーら」
ヤッチャンの足には、かわいい指がピョコピョコ付いていました。

「あらまっ。イボみたいだけど、ちゃんとした指もあるのね。」
―――とおばさん。

「ウァーッ、スゲェ!! こっちの足、8本もある!!」

「ウヒャーッ!! こっちは、7本?!」

「かわいそうにねぇ―――どうしたんだろうねぇ」とちょっとこわごわとおばさんは、靴下をヤッチャンの足に戻しました。(もぉ!! がまんができない!!)

きょこちゃんは、みんなを押しのけるようにして、ヨウちゃんの前に出ました。

「ヒーちゃん!! 583億2500万と、1兆150万と、どっちがどっさりの数かわかる?」

「うーーーんと・・・」

「ほらっ!! ヒーちゃん、どっちがどっさりか知らないじゃない!!」

「あなたの手の指は、何本!」

「10本だ!!」

「足の指は?」

「10本だよっ!!」

「じゃ、手と足、両方足したら?」

「ふん!!簡単だもんね、20本だ!!」

「じゃあこの赤ちゃんの指は、手と足、足したら?」

「5本・・・0・・・8・・・7・・・えーと・・・」

「おばかさんねぇ、20本じゃないの。」

「そう、そう、20って、今言おうとしてたんだぞ。」

「あなたも20本、この子も20本、わたしも20本、みーんなおんなじじゃない。」

「えっー!!」

「20数えられたからって、その数がどう足されたのか、わかるの? ぜーんぶわかるの?どうせあなたは、583億2500万と1兆150万と、どっちがどっさりあるのかもわからないじゃないの。わかんない子が、そんなこと言っちゃいけないって、法律があるのも知らないでしょ?」

「へぇーっ!! 法律なんかあんのかよ。」

「もしないんなら、今から作る!!」

気がつくと、きょこちゃんはコブシを握りしめ、足でじだんだ踏みながら、自分よりも2回り程、身体の大きなヒーちゃん達の前に詰めよっていました。おばさんは、

「あっ、こうしちゃいらんない。あたしゃ、もどんなきゃ」

―――などと言って、立ち去って行きました。

「さぁさ、そんなに顏真っ赤っかにして、おこんないの。もういいでしょ? 中に入って、フルーツ牛乳飲んできな。」

いつの間にか、お菓子屋さんのおばちゃんが出てきました。

「あーっ!! いいナ!!」

「オレもっ!!」

「オレも!!」

「だめだよ!! アンタ達のはないの!! 神(かみ)さんが決めたことに文句いうやつらには、何もやんないんだから。」

「へぇーっ、神(かみ)さんが決めたこと?」

「そうさっ!! きょこちゃんの言うとおり、20本の指をどこに生やすかは、神(かみ)さんが決めたんだから、誰もとやかく言っちゃなんないんだよっ!!」

「ベーゴマのクジ、やらせてよ!!」

「だめだめ!! アンタらには今日から、クジも何も売ってやんないよっ!!」

「えっ!!」

「ヒデェ~!!」

「ヒイキだーっ!!」

口々にブゥブゥ言いたてる男の子達に、

「じゃ、もうこれから、神(かみ)さんが決めたことに文句言わないかっ!!」

「うん、言わない、言わない。」

「文句言う奴がいたら、教えてやるかっ?」

「うん、教える、教える。」

「よぉーし、本当だナ!! じゃ、今日だけおばちゃんが、みーんなにフルーツ牛乳、おごったげる!!」

■ランキング参加中■
↓クリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ