「本気で美しくなりたい人」「健やかな身体でいたい人」の願いを叶えるために、きょこちゃん(京子センセイ)が普段からされているお話を中心に、お伝えしていきます。 京子センセイご自身が執筆された書籍の一部に加え、ご自身の長年の研究に基づく健康法や美容法、食事のレシピなどもお伝えしていく予定です。
スポンサーリンク

第五話『おばあちゃんを買いたいの』⑥

「こんな大人に愛った(あった)から」第五話

きょこちゃんの「愛」たっぷりのストーリー。

おばあちゃんは?〔その1〕

「ごめんくださぁい。」

2人がおばあちゃん家(ち)の玄関を開けると、ボロが転がるように出てきました。

「あっ!! ボロッ!! おばあちゃんは?」

「いらっしゃいませ」

奥から、おばさんが出てきました。
初めて会う人でしたが、眼もとやお顔の丸いところが、おばあちゃんそっくり!!

「突然におじゃまして、申し訳ありません。私はこういう者です。」

「わたしは、きょこちゃんです。」

おじちゃんは、名刺を出して渡し、きょこちゃんは、ピョコンとおじぎをしました。玄関の上がりかまちには、ふくらんだ柳こおりをヒモでゆわいたのが、置いてありました。

「おばあちゃんは? もう帰っちゃうの?」

おばさんは名刺を持ったまま、きょこちゃんとおじちゃんをかわるがわる見ながら言いました。

「きょこちゃんには、すっかりお世話になったんですってね。本当にありがとうございました。私は昨日退院してきたんです。母は・・・おばあちゃんは、ちょっと前にお別れ言うのつらいからって、田舎へ帰ったんですよ。だれも駅まで見送らなくていいって言って・・・私の身体、心配しているんです、きっと。」

「だって、だって、お荷物あるじゃない。ボロだっているじゃない・・・」

「汽車で帰るのに、持って行けないお荷物とボロは、後からチッキで送ることになってるんですよ。」

「でも・・・でも・・・」

「このところ何日か、きょこちゃんに会っていないのが、心残りだけど・・・って・・・、あっ、そうそう、ちょっとお待ちください。」

おばさんは、奥からきれいな包装紙で作った紙袋(おばあちゃんは、よく広告の紙や包装紙で封筒や袋物を作っていました)を持ってもどって来ました。

「これは、おばあちゃんがきょこちゃんが来たら渡してねって、預かったんですよ。」

「・・・・・・」

手渡された紙袋は、まだホンワリ温かく、中にはピンクと白のあられが入っていました。きっと、おばあちゃん、帰るまであられを揚げてきょこちゃんのことを思っていてくれたのでしょう。

 悲しげなおばあちゃんの小さな姿が、思い浮かびました。

「うっ・・・、うっ・・・うっ・・・」

「あっ・・・泣かないで・・・泣かないでよ、きょこちゃん。実は・・・」

おじちゃんは、きょこちゃんの肩に手を置いて話し始めました。

「こちらには、素晴らしいおばあちゃんがいらっしゃるということで―――ヨモギ草ダンゴや、おやきや、お手玉や、漬け物や、何でもできる、きれいなすばらしいおばあちゃんが―――。でも、そのおばあちゃんはこちらの子じゃなくて、ご自分は年寄りできたないから、必要な人間じゃないと思われているようで・・・このきょこちゃんが私共のデパートへ見えて、何でも仕入れて売るデパートなら、こんなにすごい素敵なおばあちゃんを仕入れて下さいって頼まれたんです。きょこちゃんは欲しくてたまらなかった、このミルク飲み人形をもらったのでそれと取り換えてと頼みに来られたんです。こんなに小さなお嬢ちゃんがそんなに欲しがるおばあちゃんに是非ともお会いしたくって、失礼とは思いましたが伺ったんです。」

「まぁ、そうだったんですか。」

おばさんの目には、みるみる涙があふれてきました。

「きっと、大介がおばあちゃんにつらく当たったんですわ。反抗期なもので・・・」

「ちがわぃ!! 本気じゃ、なかったんだぞっ!! おばあちゃんなんか、帰っちゃえなんて、本気で言ったんじゃなかったんだぞっ!!」

いつの間にか、大ちゃんが後ろに立っていました。

「おばあちゃん、いつ出掛けたんだ?」

「そうねぇ、お2人がみえるちょっと前だから、30分位前かしら。」

「きっと、きょこちゃん家(ち)へ寄ったから、すれ違ったんだよ。」とおじちゃん。

「おれ、迎えに行って、連れ帰ってくる。(きょこちゃんの方に向いて)おばあちゃんはうちの子だぞっ!! 仕入れたりさせるもんかっ!!」

「まぁ、大ちゃん、落ち着いて、もう間に合わないわょ。」

「そんなことないぞっ!! おばあちゃん、足がのろいから、まだ駅まで着いているもんかっ!! ちょっと、待ってろよっ!!」

言うが早いか、大ちゃんはつむじ風のように飛び出して行きました。もちろんランドセルは、ほっぽり投げてです。でも、みんなは何だか、とってもうれしいような気持ちになりました。

「さぁ、こんな所ではなんですから、どうぞお上がり下さいませんか。」

メニューを閉じる